RICEの最新情報!!

フリートーク





けがをしたときの応急処置である
『RICE』って聞いたことありますか?



私は1年半前くらいに
学校の授業で知りました(‘ω’)ノ




私と同じように知らなかった人や
聞いたことはある人がいると思います!







ということで
今回は『RICE』について
かいていきたいと思うのですが...





まず最初に伝えておくべきことがあります。









実は、『RICE』はもう古いのです...。



最近では
RICRから『POLICE』に変わってきています☝








RICEについてかいていくといいましたが

訂正します!!




今回は
『POLICE』について
かいていきたいと思います✍





主にスポーツによる
捻挫や肉離れなどのケガ
(スポーツ外傷)に対して行う
応急処置のことで
炎症の進行を抑え
ケガの重症化を防ぎます☝




処置が遅れたり、
処置を実行しなかった場合には
スポーツ復帰に時間がかかります。



しかし!
意識がない
脱臼・骨折による変形がある
大きな傷がある
さらに大量出血を伴う場合は
むやみに動かさないように
注意しましょう☝




傷があり出血している場合には
その創傷部位を水道水などで
きちんと洗うことが大切です!


痛いことは十分わかっていますが
砂や土などをきちんと取り除いて
菌が入らないようにしましょう!!


菌が入ってしまうと
膿ができてしまいます。


めちゃくちゃこすって大丈夫だそうです。

歯ブラシや未使用のタオルなどを
使うといいと聞きました。
(痛いのは十分理解しています。本当に。)


しっかり洗ったあとは
ガーゼなどで圧迫して止血しましょう☝










 P:保護(Protect)

 患部を安静にすることで
 患部の重症化や
 二次的傷害をまねくことを防ぎます☝





 OL:適度な負荷・運動
     (Optimal Loading)

 適度な負荷・運動により
 血液の循環を促すことで
 組織の修復やけがの回復を促進させます
 
 これはスポーツドクターなど
 専門家の判断で行うようにしましょう。





 I:冷却(Ice)

 患部をアイスパックで冷やしましょう☝
 
 アイスパックがない場合は
 ビニール袋に氷を入れて
 中の空気を抜いてから使用しましょう☝

 ビニール袋を皮膚に直接当てると
 凍傷を引き起こすこともあるので
 タオルなどを使用して凍傷を防ぎます!

 感覚がなくなるくらいまで冷やしたら
 いったんはずして
 また痛みが出てきたときに冷やします。
 
 これを2、3日繰り返すことが必要です。





 C:圧迫(Compression)

 患部を弾性包帯などで巻いて圧迫し
 内出血や腫れることを防ぎましょう☝





 E:挙上(Elevation)

 患部を心臓より高く挙上して
 患部が腫れるのを軽減させましょう☝








もしもの時のために
知っておいた方がいいのかなと
私は思います(^^)/


RICEは古いんだぞ!と
まわりに自慢することもできます☝

(医療人は知ってるかと思いますが笑)





ではまた(‘ω’)ノ



タイトルとURLをコピーしました